不快なニオイがする程には酷く無い

臭いには敏感に対応しているワキガの私の体験談を紹介します。
私は自分の体臭がキツイと自覚しています。
自分がその場にいるだけで、不快なニオイがする程には、酷くは無いですが、かなり気にしています。
クサイ人と他人から思われないように、一年を通して制汗剤は必須アイテムです。脇に直接塗るタイプの制汗剤を塗り、その上からスプレータイプを吹きかけ、香水もつけています。
香水と脇のニオイが混ざって余計に臭くなる程、強烈ではないので誤魔化しが効いています。

良く目にするのが、耳垢が湿っている人はワキガという話し。
私も多少ですが耳垢が湿っているので、自分をワキガだと思っています。
ワキガとしての自覚があるので、食事も体臭が出ないように気を付けています。
肉類や香辛料が強い物を食べると、余計に匂いがキツくなる気がするので、翌日に予定がある日は極力は摂取を控えるように心がけるようにしています。あとは暑い所や湿気の多い場所へは出来るだけ遊びに行かないようにもしています。
どうしても汗をかく場面には出くわしてしまうので、トイレへ行く振りをして体臭のチェックと対策をバレないようにやっています。
他には人の服は借りない。人に服は貸さない。匂いを付けてしまったり、ニオイが付いているかもしれない服は貸せません。金銭的に余裕があれば、ワキガや多汗症の手術もやりたいと思って検討しています。
とにかく、自分で体臭に気をつけて周りの人を不快な思いにさせないように。
クサイと思われるのも恥ずかしいので、自分の体の臭いには、かなり敏感に対応するようにしています。

体が臭うと自分で気づいた時の行動の指針ブログ