食べても脂肪にならないので安心

食べても太らないようにしたい。

そんな人はこういったサプリメントを

選んでみるというのもいいかもしれません。

脂肪の吸収を抑えるサプリのおすすめはコレ!?

これなら食べても脂肪にならないので安心ですね。

 

以下、リレンザでもインフルエンザの事故が

起こったことについての反応を見てみました。

 

タミフルの時もそうですが、抗インフルエンザ薬に対して目の敵にしたい方がいらっしゃるのでしょうか。

インフルエンザには「インフルエンザ脳症」という精神症状を生じさせる病態が生じえます。20歳台後半までは比較的かかりやすいと言われていますが、80歳代の女性でも発症したとも言われていました。

タミフルの時の結果では、タミフルを内服した方とそうでない方での異常行動の発生頻度に差がなかったという結果だったそうです。

ロキソプロフェンなどの非ステロイド性消炎鎮痛剤を使用すると発症しやすいと言われていますので、解熱したいときにはアセトアミノフェンの方が良いとされてはいますが、なんともいえないと思います。水枕だけで高熱をしのぐのが良いかというと、子供だと熱性痙攣なども心配されるでしょうし。

誰でも発症しえるのでインフルエンザにかからないように気を付けるしかないのでしょうね。

 

薬服用関係なく高熱時は基本的に危ない。子供の頃、高熱を出すと決まって怖い夢を見て、泣いて起きてその度母に驚かれたのを覚えてる。薬は関係ないと思います。

 

薬害は今に始まった事ではないけどね。クスリで熱は下がるはずだから熱にせいではないよね。クスリを飲めばインフルの症状が抑えられるのだからインフルのせいではないよね。添付文書読めば副作用が書いてあるよね。

 

リレンザは危険な薬物ってニュースなのですね。

 

リレンザ飲み薬あるんだ?

 

子どもにはやめるべき。

 

10代のタミフル、リレンザは基本処方ない場合が多いです。

理由は保護者や家人が24時間付き添えないor付き添わないから。

10歳未満だと頻繁に様子を見たり同室で過ごすことが可能だが

中学生高校生ともなると、本人が親が頻繁に部屋に来るのを嫌がりますよね。そして目が届かなくなるのが理由です。

そういう注意は医師からあるはずですが…

どちらのせいとは言い切れないですが病気について親も積極的に学んで欲しいです。

例えば子どもが打撲しても患部を冷やす、挙上するなど何の手当てもできない親が多すぎ。医者に丸投げしても実際の世話をしたり、悲しんだりするのは親なんだから。

 

数年前にインフルエンザになり処方されたのがリレンザ。

飲んだ翌日には熱が下がりそのまま回復。

同時期にインフルエンザになってた知り合いはタミフルを飲んだが熱は一向に下がらず違うインフルエンザにかかってしまったと。

薬が原因ではなく、インフルエンザウィルスが脳に何らかの影響を及ぼしてるのではないのか?